トリキュラーとは低用量ピルのひとつで、高い避妊効果があるお薬です。しかし、避妊の薬なら他のもあるじゃないかと思いますよね?何故このトリキュラーが選ばれるのでしょうか、その理由についてご紹介いたします。

トリキュラーについて説明する女性

pms症状や生理の出血を軽くしてくれるトリキュラー

女性は月に1度生理があります。月経に伴うpms症状に悩まされている女性は決して少なくありません。pms症状とは、生理に伴う腹痛、頭痛、吐き気、肌荒れなどです。毎月1回やってくるものなので、その分ストレスも大きいです。大事なイベントと生理が重なるとテンションが下がってしまうという女性は少なくないでしょう。出血量が多いとその分トイレに行く回数も増えますし、安心して遊びに行けないという人もいます。そんな毎月の悩みを軽減させてくれるのが低用量ピルです。産婦人科などで処方が可能で、エストロゲンとプロエストロゲンという2種類のホルモンを含んだ錠剤を毎日1錠飲むことでpms症状を軽減してくれます。低用量ピルは女性主体で避妊ができる方法のため避妊目的で服用する女性が多いですが、最近ではpms症状を改善したくて服用する女性が増えています。服用を続けていくと出血の量も減ってきます。日本で処方されている低用量ピルには何種類かありますが、一番多く服用されているのがトリキュラーという種類です。低用量ピルは毎日服用しますが、ホルモンの入っていない薬を服用する期間があります。それを含めて28錠で1シートという仕組みになっています。そのホルモンの入っていない薬を服用している期間に生理がくるようにできています。トリキュラーにはその服用しない期間の錠剤が入っていないタイプもありますので、自分で管理できるという人はそのタイプのシートでも良いでしょう。服用開始に吐き気などの副作用が出る人もいますが、ほとんどの人は副作用なしで服用を継続できます。服用中に疑問が出てきたり、出血してしまったような場合は、すぐに処方してくれた医師の診察を受けて指示を仰ぎましょう。快適な生活のためにトリキュラーの服用を検討してみてください。