トリキュラーとは低用量ピルのひとつで、高い避妊効果があるお薬です。しかし、避妊の薬なら他のもあるじゃないかと思いますよね?何故このトリキュラーが選ばれるのでしょうか、その理由についてご紹介いたします。

トリキュラーについて説明する女性

トリキュラー服用と販売中の薬との併用で心不全

女性自身がコントロールして妊娠しないようにできるのがトリキュラーの服用を行うことで、生理周期が乱れている人も整えることが可能になります。販売されているものには21日間飲んで7日間休むタイプもありますが、再び飲み始めることを忘れてしまう場合も多いので、28日間飲むことができるようになっているタイプだと毎日飲むことになるため、忘れにくくなります。本来休む7日分のところにプラセボ錠が入っています。

トリキュラーを飲むと、薬に含まれている女性ホルモン成分が脳に働きかけることで、黄体化ホルモンや卵胞刺激ホルモンの分泌が抑えられ、卵胞が成熟しなくなるため排卵が行われなくなり、子宮の内膜が厚くならず着床も防ぐことにつながります。子宮頚管の粘液にも変化があることで精子が子宮に入りにくくなることも避妊率を高めることにつながっています。トリキュラーを服用していても、性交渉をおこなうときはコンドームも使うことが望ましいです。より確実に避妊できるだけでなく、性感染症も防ぐことができるからです。

トリキュラーなどの低用量ピルを服用しているときは、水分を多く取ることが大切です。血栓ができやすい状態になる人もいることが報告されており、血流量が低下し心不全などを避けるために大切です。

持病などがあり服用されている薬がある人は、併用できない場合もあるため確認するべきです。販売されているサプリや一部の食品なども用心したほうが良い場合があるため、説明書などは必ず読んでから飲むようにしましょう。心不全など、心臓疾患で薬を服用している人は特に気を付けたほうが安心です。

妊娠したくなった時には、薬の服用をやめてから2か月から3か月ほど経過すると妊娠が可能な状態になります。