トリキュラーとは低用量ピルのひとつで、高い避妊効果があるお薬です。しかし、避妊の薬なら他のもあるじゃないかと思いますよね?何故このトリキュラーが選ばれるのでしょうか、その理由についてご紹介いたします。

トリキュラーについて説明する女性

トリキュラーと短期的な副作用と時間経過での慣れ

働く女性に取って、予想外の妊娠はできるだけ避けたい問題です。女性の身体は妊娠してしまうと、それまでとは明らかに体調が変化したり、精神面でも不安定になってしまったり、今までと同じようには過ごせなくなってしまう方も少なくありません。仕事を持ちながら妊娠するなら、周囲の理解を得られることも非常に重要な意味を持つので、自分が子供を作る時期はしっかりと準備を整えてから決める、ということが、責任ある大人の女性のエチケットなのではないでしょうか。近年、わが国でも低用量ピルを服用する女性が増えており、望まない妊娠によって、深く傷ついてしまうことのない環境が、得られるようになっています。国内で処方されている低用量ピルにはいろいろなタイプのものがありますが、中でもトリキュラーは、短期的には見られるものの、副作用が少なく、初心者でも扱いやすいピルなので、多くのクリニックで処方されているようです。トリキュラーは三相性のピルで、女性の身体が本来持っているホルモンバランスと、近い状態になるように、段階的にホルモン量が変化するように作られているので、飲み始めに起こりやすい不正出血も余り見られません。毎日決まった時間に順番通り服用していけば、一、二か月ほどでピルが身体に慣れていくので、何の不具合もなく過ごせるようになります。三相性のピルなので、順番を間違えて飲んでしまうと効果が期待できませんが、毎日正しく服用していれば、ほぼ百パーセントに近い確率で、避妊に成功することが出来ます。また、そろそろ妊娠したいなと考え始めたら、服用を止めればすぐに妊娠できる身体に戻るので、女性の身体に負担を与えない優れた医薬品です。